ヘルパーステーション ねむの木の会
車椅子介助イメージ

障害福祉サービス

障害福祉サービスとは、障害のある人が自らサービス内容や事業者・施設を選択し、契約により各種サービスを利用する制度です。(障害者自立支援法に基く.)
該当するサービスを利用する前に、お住まいの市町に支給申請をし、支給決定を受ける必要があります。


サービスの内容

種類 内容 対象者
居宅介護 居宅において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言、その他の生活全般にわたる援助を行います。 障害程度区分が区分1以上(障害児にあってはこれに相当する心身の状態)である方。
(※詳しくは担当者にお尋ねください)
重度
訪問介護
重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする方に、居宅において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助並びに外出時における移動中の介護を総合的に行います。 重度の肢体不自由者であって常時介護を要する障害者。
具体的には、障害程度区分が区分4以上であって、下記のいずれにも該当する方。
(1) 二肢以上に麻痺等があること。
(2) 障害程度区分の認定調査項目のうち「歩行」「移乗」「排尿」「排便」のいずれも「できる」以外と認定されていること。
行動援護 障害者等が行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護、外出時における移動中の介護、排せつ及び食事等の介護、その他行動する際に必要な援助を行います。 知的障害又は精神障害により行動上著しい困難を有する障害者等であって常時介護を要する方で、障害程度区分が区分3以上であり、障害程度区分の認定調査項目のうち行動関連項目(11項目)等の合計点数が
8点以上(障害児にあってはこれに相当する心身の状態)の方。

ご利用料金

原則として9割が介護給付でカバーされます。(受給者証の上限金額まで)
具体的な金額についてはお気軽お問い合わせください。