ヘルパーステーション ねむの木の会

介護保険サービス車椅子介助イメージ

加齢に伴い「介護や支援が必要となったとき」に介護サービスを提供し、被保険者自身とその家族を支援するしくみです。
また、「できるかぎり介護を要する状態にならないように」という介護予防の支援があります。


サービスの内容

種類 内容 対象者
訪問介護 ●身体介護:
入浴、排せつ及び食事・着替えなど、ご利用者の体に直接触れて行う介助と専門的な援助。
●生活援助:
身体介護以外の介助(調理、洗濯及び掃除等の家事、買い物など)
● 65歳以上の方
寝たきりや認知症などで、日常の生活動作について常に介護が必要である(要介護1~5)と認定された方。
● 40~64歳で、医療保険加入の方
加齢に伴う特定疾患が原因となり介護が必要である(要介護1~5)と認定された方。
介護予防
訪問介護
サービス内容は訪問介護と同じですが、「自立支援」の観点から、利用者が有する能力を最大限活かし、機能を向上させるための介助と専門的な援助を行います。
(例:利用者が行う調理を見守りながら一緒に行う、等)
● 65歳以上の方 ●
要介護状態になるおそれがある(要支援1~2)と認定された方。
● 40~64歳で、医療保険に加入している方 ●
加齢に伴う特定疾患が原因で、要介護状態になるおそれがある(要支援1~2)と認定された方。
(注)特定疾患について、詳しくはお問い合わせください。

ご利用料金

利用料金の大部分が保険でカバーできますが、保険の種類などによってその割合が変わります。
具体的な金額についてはお気軽にお問い合わせください。